09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなに嬉しい事はない…

注※かなりの長文、内容は暗めなのでお時間と元気のある時にご覧下さい




 さあ、タイトルの元ネタがわかった人、手をあげて

 …そんなオタク話はいいとして。

 リナの疑惑が晴れました

 その前に、家族からもらったゆるキャラとリナちゃんのお宝画像をば(早く本題に入らんかい)。


darenano.jpg





 ちょっと暗い話なので最初にゆるくなっていただいた所で本題に。

 おととしの12月、リナのお腹にしこりのような物を発見しました。

 

giwaku 1



 ものすごくわかりにくいですが、お腹のへこんだあたりです。

 ちょっと赤くなっているのですが…デジカメがボロすぎてわかりませんね。

 もちろんすぐに病院に走りました。

 なぜかというと、リナはこの前年避妊手術を受けており、その時体内に使われていたのが

  絹糸

 だったからです。

 この当時、すでに絹糸に対するアレルギーが特にダックスに多く出る、という事は獣医さんの間でもある程度(もちろん素人の私にはどの程度かはわかりませんが)知られていたようだし、評判の獣医さんだったのでまさか絹糸だとは夢にも思わず…

 そして今回腫れているあたりは体外を縫ったギリギリのあたり。

 獣医さん(避妊手術を受けたのとは違うところです)の判断もアレルギー説にかたむきつつあり。

 でもちょっと先生の治療方針に納得いかなかったので、その後獣医さんジプシーをしながら現在の所にたどりついたのが(友人に教えてもらってだけど)去年の事。

 その間の獣医さんめぐりも大変勉強になりましたし(はっきり言って嫌味です)、そのあたりの経過も書きたいのですが長くなりますので割愛します。

 嫌味しか書けそうにないし
 
 残念ながら(ありがたいといえばそうなんですが)腫れはしばらくするとひいてしまったので、ジプシー中にも「腫れていない状態では判断がつかない」と言われ、ただし「これだけ元気なら(私の心配している病気の)可能性は低いと思うよ」とも言われたのでとにかく病院めぐりをしながらお腹の状態を見ていました。

 ちなみにその時言われた(つまり「違うと思うけど可能性はゼロではない」)のは、

   絹糸反応性肉芽種

 です。尿毒症や、元気がなくなったり熱が出る、女の子の場合は背中から膿みが出ることも多い、また、手術後一年以内に出る事が多い…と言われました。

 いや、ここの待合室でよその子と楽しくはしゃぎまわってました…確かに…

 そして去年にまた腫れが。

 友人に教えてもらって(ありがとう)駆けつけた獣医さんでしっかりみてもらい(いま通院ノート見たらものすごくびっしり書き込んでました。私もしつこいけど先生もすごい)、細胞診などの結果、悪性の腫瘍ではなくなんと

  臍(さい)ヘルニアかも

 え、絹糸アレルギーじゃないの?と驚きつつも、今すぐ投薬や手術の必要はなく、数ヶ月に一度診せてほしいとの事でとりあえずこの先生に託してみようと思ったら…

 飼い主、夏に骨折してしばらく身動き取れませんでした。

 幸いその間リナは健康で(まあ、私がいなくてとてもとても寂しかったみたいですが)、心にはひっかかっていたのですがずっと獣医に行けず、「早く車の運転ができるようになりたい…」と願っておりました。

 ところが、先日のこと。

 リナは寂しかったりもっと遊びたい時は私の足にヘコヘコするのですが(これは別の日の画像です)

giwaku 2



 この日はひょいっ、と足にのって「さあ、ヘコるぞ…」という瞬間に「キャイン!!」と鳴いてすごすごと降りてしまいました。

 何か痛いものでも踏んだか? と思いましたが、ぱっと見ると後ろ足を片方つっぱるように伸ばしているというか上げているというか。

 「椎間板ヘルニア」の文字が頭に浮かびました。

 翌日、獣医さんへ。そこで言われたのが

 「膝の皿がすべった

 …は? 皿? 何がどうして何の事?

 犬の膝のお皿の図を見せてもらって説明を受けましたが、トリ頭で瞬時に理解できなくても「そういう事がある」というのはわかりました。

 ちなみに、大抵の場合ははずれても元に戻るそうです。戻らない場合もあるので要注意。

 小型犬に多く、外れにくい子と外れやすい子がいるそうでなんでも外れにくい子の方が慣れてないぶん痛いらしいです。し、知らなかった… 

 で、もう一つの心配事・お腹の腫れ。今は「まだあるけど、小さいしこり」状態です。

 それを確認した先生いわく、

 「出ベソ

 ……(言葉にならない)

 最初にみてもらった時もその可能性はあると言われたのですが、「押しても戻らないならヘルニアかも、ヘソなら押したら戻るから」と。最初は戻らなかったのですが先日は戻ったそうです。

 出ベソだからといって安心してはいけないのですが(筋肉が開いているため脂肪が出てきているので押すと戻る。あまり大きくなると手術が必要となるらしい。もちろん太っちゃ駄目)、一度にヘルニア疑惑が二つも晴れた事は嬉しい、としか言いようがありません。

 リナよごめん出ベソだってばらしちゃって

 でもまあ、足もお腹の腫れも両方とも「こういう事がある」という参考になれば幸いです。

 もちろんまだ百パーセント安心していいわけではありません。

 ヘルニアではない可能性が限りなく高いが、これからも全くかからないわけではないからです。

 もちろんならない子は一生ならないわけですが、一所懸命に対策を講じて気をつけていても残念ですがなってしまう子がいるのも事実。

 かくいう私もリナがヘルニアになってしまったらたとえ軽症でも頭が真っ白になって、この上なく慌てることは間違いないのですが。


 とにかく、何かあったらなるべく早く獣医さんへ!

 そして、「おかしいな」と思ったら他の病院にも行ってみる事です!

 あとできれば、「おかしい・嫌だ」と思った事はその場で言う事です!!

 でも一番大切で一番難しいのは元気なうちから信頼できる先生を見つけておく事かもしれません…

 

 私はこの先ずっと「避妊手術の前に絹糸を使うかどうか聞いていれば…」と思ってリナと暮らすことでしょう。その頃、絹糸の危険性についてはすでに知っていたのですから。

 絹糸を除去するという選択もあったのですが、私はしませんでした。

 あとあと後悔するかもしれませんが、あきらかに肉芽種の症状が出ているわけでもなく、また全部取りきれない可能性もある(…とどこかで聞いたような…)等、開腹手術をするより常に警戒する方を選んだわけです。
 手術後二年近くたっていたので癒着していたら、開腹しても無駄になるかもしれませんし。
 今でもこの選択が正しかったかどうかなんてわかりません。
 私はお医者さんじゃありませんから。お医者さんでさえ絹糸を使う人がいるというのに…

 もちろん、取った方がいい子はぜひ取ってあげて下さい。

 それと手術の前には必ず糸について聞いて下さい。

 今でも絹糸を使っている病院があります。信じたくないですが。

 現在ではダックス以外の犬種でも絹糸アレルギーが確認されているそうです

 本当に、なぜこんな物を使うのか…やりきれません。


 今更と思いましたが二回目にお腹が腫れた時に、友人にすすめられて避妊手術を受けた病院に電話しました。

 使った糸の確認と「うちの子がアレルギーかもしれない。周囲にもそういう子がたくさんいる。だから今後手術で絹糸を使うのは絶対やめてほしい」と強く訴えました(ちゃんと先生が出て、真摯な謝罪の言葉と丁寧にこちらの話を聞いてくれました。もちろんそれで過ちは消えませんが、全く取り合ってもらえないより遥かに救われました)。

 後日聞いた噂ではその病院では「現在は絹糸は使っていない」らしいです。

 遅いんですけど…

 それでもその病院で手術を受ける子のリスクが減るわけですから…ていうか本当に絹糸使ってたこと忘れないで下さいよ?



 いきなり暗い話ですいません。

 長文におつきあいいただき、ありがとうございました。

 
 パソコンに弱い私がブログをはじめたのも、「いつかこの話ができれば…」と思ったからです。

 どのように書けばいいのかなかなか判断がつかず、今回はいつも以上に日本語が乱れていると思います。

 まさか出ベソのカミングアウトになるとは思いもよりませんでしたが(>_<)すいませんしつこくて 

 
 リナはものすごく元気です


 

giwaku 3




 後ろのダンボールがなにやら欠けていますが…犯人はリナです  
 

スポンサーサイト

theme : ペットの健康・病気・怪我
genre : ペット

No title

リナちゃん「でべそ」で よかったね~
これで、遠慮なく、あそべるねv-14

お医者様との出会いは、人間も含めて運不運もあるけれど、
医療の進歩と同じだけ、病気が増えているのも現実ですよね~。

No title

リナちゃん元気で良かったですね~
貴重なアドバイスを頂いて、参考にさせていただきます。
かけがえのない わんこですから、いつまでも元気でいて
欲しいですよね
自分から体調の悪さを訴えるより 早くに気付いて
あげたい と思います。

Re: No title

先生へ

 ありがとうございます!
わんこも出ベソあるのねと初めて知りました…
 そうですね、これでふうちゃんと遊べます。
 リナは本当に楽しそうなので、元気なうちにいっぱい遊んでやって下さいませ<(_ _)>
 
 ペット全般が昔より長生きできるようになったり種類が増えた分、新しい病気が増えるのは仕方ないんでしょうかね。
 頑張って! 全国の獣医さん!!
 わんこは頑張ってますから!
 

Re: No title

FENDIママ さん

 ありがとうございます!
 こういう時はわんこがお喋りできたらなあと思います。
 日常の不満まで獣医さんにぶちまけられたら困りますけどね。

 とにかく無茶苦茶元気なので、また教室でお会いしたら暴れぶりを見ていただけます。
 これからもよろしくお願いしますね<(_ _)>

 

No title

こんにちは~。ブログ開設おめでとうございます♪
リナちゃん、でべそで良かったですねi-179
私もちぃがアレルギーを起こすまでは、絹糸の危険性は全くと言っていいほど知りませんでした。
まさかそういう危険性のあるものを病院で使っているなんて夢にも思いませんでしたからi-201
獣医さん選びって本当に大切ですよね。
信頼できるお医者さんに巡り合えて良かったですね^^

Re: No title

ちぃママ さん

いらっしゃいませ、拙い当館へようこそ~(^^)
うちのリナの面白さは実物をご覧いただかないとわからないのが残念ですが、いずれ動画も駆使できるようになれば…いつになるやら…

ありがとうございます、出ベソで良かったです…
なんのかんので家に来てから大病をしていない事に感謝です。
なんのかんので札は飛んでいきましたが…

とりあえずこれからぼちぼち更新していきますのでまたお越し下さいませ<(_ _)>
Secret

来てくれちゃったんね。

見てもろうとるんよ。

現在の閲覧者数:

プロフィールゆうんと。

linahaha

Author:linahaha
あまりの暑さに籠っていた夏。
おかげで足はガクガクです。
ゆっくりお散歩行こうね、そのうち…
ブログもたま~に更新できたらいいな…
リナはこんなに元気です。

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。